COLLECTION 所蔵品の紹介

生死の文化

武士たちにとっては、自らの命を賭けて国や所領、一族を守ることが「生きる」ことそのものでした。したがって彼らの武具や武器は、自分の命を守る道具である以上に、自らの勇気を奮い立たせ、短く散るかもしれない命を最大限に荘厳する、自らの命の輝きにも等しい芸術品でもあったのです。ここでは、それらの芸術品を「生死の文化」と題して、皆様にお伝えし、武士たちの生き様をも ご紹介してまいります。

ページトップへ

生活の文化

武家の生活は、華やかな中にも生きる意味を問い掛ける奥深い文化であったといえるでしょう。とりわけ婦女子の生活道具は、当時の武家階級がいかに豊かで奥深い至高の芸術品を愛してやまなかったことをうかがい知ることができるでしょう。わが国の伝統文化は、奥深く深遠な哲学性、そして自然と共生する感受性豊かな感覚と色彩にあふれているのです。

ページトップへ

特別展示物

ここでは日本の四季折々に応じた伝統芸術品を紹介すると共に、岩国美術館が誇る優れた文化財を、そのつどご紹介してまいります。

ページトップへ